学校の概要

【学区の概要】
 下増田地区は名取市の東南部,仙台空港の北部に広がる平坦な水田地帯である。東は太平洋に面し,北は閖上,南は岩沼市,西は増田・館腰と接している。
 南部の北釜や杉ヶ袋地区は農業が盛んであったが,津波で被災してしまった。
 北部は臨空都市開発に伴い,宅地化され美田園地区が生まれた。仙台空港アクセス鉄道の開通に伴い利便性が向上した。この新しい地区への居住者が増加しており,本校の児童数も増加し続けている。
 また,学区内にはいくつかの大型店舗,学区隣には大型ショッピングモールがあり,地域を取り巻く生活環境が変化を続けている。

【児童数】(R4.6.10現在)

  1年 2年 3年 4年 5年 6年 特別支援
学級数
児童数 103 98 115 135 115 145 10
学校運営方針

学校長挨拶

   下増田小学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。今年度(令和3年度)より勤務させていただいています校長の紙谷ゆたかと申します。

   新型コロナウイルス感染症の影響で,学校行事など様々な教育活動が中止,規模縮小での実施となっています。今後も同様な対応が考えられますが,子どもたちの健やかな学びを保障していくために,「新しい学校生活様式」を導入し,感染のリスクを可能な限り低減しつつ,教育活動を行ってまいります。
 「学校運営方針」にもあるとおり,令和3年度の学校教育目標を「主体的に実践する子供の育成」とし,「安全で活力に満ちた楽しい学校」を目指します。教職員一同,心を一つにして教育活動に取り組んでまいります。今後は,リニューアルされた学校ホームページを通して,学校の様子や児童の活動の様子などを発信していきたいと思います。

   今後ともよろしくお願いいたします。

                                              令和3年9月

                                                  名取市立下増田小学校 校長 紙谷 ゆたか

 

沿革史